読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私をペロペロするがよい

lazy_dog のブログです。

foobar2000 for iOS に iTunes なしでバッチファイル一発で音声ファイルを転送する

foobar2000プラグインiPod manager (foo_dop.dll)が最新の iTunes のサポートをされなくなり、iPhone で楽曲を聴く場合には iTunes を利用しなければならなくなった。iTunes は全ての操作を GUI でやらないといけなく、しかも GUI がもっさりとしていて画面数も多い。私の環境では sync が上手くいかない事が頻発しており、非常に使い辛い。

しかも、ライブラリに登録できる曲は FLAC ファイルが NG で、トランスコードする場合、ローカルのどこかに iTunes で読める形式にしたファイルを保存し続けなければならない。これが結構、容量を食う。

iPhone で曲を聴くのはそろそろ限界かなと思っていた矢先、foobar2000 for iOS がリリースされた。開発中であることは知っていたが、正直、全く期待していなかった。が、これが非常に素晴しい完成度で、とても使いやすい。iPhone 純正のプレイヤーも foobar2000 for iOS のできが良いので、最近は全く使用していない。

難を言えば、デフォルトのスキンがアイコンなどヤボったく、見た目は純正プレイヤーの方に軍配が上がるが

  • FTP で楽曲が転送可能(iTunes 不要)
  • ReplayGain (iTunes でトランスコードすると ReplayGain タグが消される?)
  • 使いやすい GUI
  • 動作もさくさく

良い感じの仕上り。

なお、この Windows Mobile/Android/iOS でのプレイヤー開発って Peter がちゃんと開発しているようだ。最初は foobar2000 の名義貸しだけで、こういうの嫌がりそうな勝手な想像があったのだけども。

ftp で曲(音声ファイル)を転送するバッチファイル

を作った。foobar2000 から Converter で作成したファイルをフォルダごと FTP 転送する。

> foobar2000_ios_media_ftp_uploader.bat "C:\Path\to\Directory"

そこまで作り込みしなくてもいいとは思うけど、まだエラー処理が甘く、ftp 転送のところでエラーチェックはしていないので注意。

Windows ftp コマンド備忘録

Windowsftp コマンドを debug をオンにして使ってみると分かるのだけど、foobar2000 for iOSftp を使用する場合、どうも Windowsftp コマンドは少々考慮が必要のようだ。

例えば、Windowsftp コマンドにおける mkdirxmkd というコマンドを ftp サーバに実行している。これは foobar2000 for iOS では実行できないコマンドになる。なので、quote オプションで foobar2000 for iOS でサポートされている mkd を実行するようにしなければならない。

C:\>ftp
ftp> debug
デバッグ オン。
ftp> open 192.168.0.12
192.168.0.12 に接続しました。
220 PPFTPD all your base are belong to us
---> OPTS UTF8 ON
...

ftp> mkdir test1234
---> XMKD test1234
502 Unknown command
ftp> quote mkd test1234
---> mkd test1234
250 Create directory successful
ftp>

xmkdWindows における方言か、というとそうでもなく、"RFC 775" で標準化されている。 ref: https://tools.ietf.org/html/rfc775

rmdir なども。

ftp> rmdir test1234
---> XRMD test1234
502 Unknown command
ftp> quote rmd test1234
---> rmd test1234
250 Remove directory successful
ftp>

ftp コマンドは、実際に実行するコマンドとサーバに送信しているコマンドは違う、ということが分かった。